ホーム>鍵・ガラスメンテナンスレポート>沼津支店>屋上出入口ドアクローザー交換・ガラス割れ替え
沼津支店

屋上出入口ドアクローザー交換・ガラス割れ替え

 
 

三島市でドアクローザーの故障で強風に煽られドアが勢いよく開いてしまった。
その衝撃でドアの上部のガラスが割れてしまったとの事でした。
現場を調査したところドアクローザーの油が漏れてしまいスピードの調整が出来なくなっていました。
ガラスは、縦に網の入った曇りガラス(WKT)でした。
ドアクローザーは一般的なものですぐに交換できましたが、ガラスは特殊なもので注文になってしまいましたが無事に作業を終えました。
お客様に鍵の調子が悪いのか、立て付けが悪いのか分からないけど扉の閉まりが悪いのでそれも見て欲しいということで調査しました。
蝶番の調整や立て付け調整を行い、無事ドアが閉まるようになり鍵が掛かるようになりました。
今回の様に一件の作業でここまでいろいろ作業することは滅多になく、大変心に残っている作業でしたので、記事に上げさせて頂きました。


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.akl-t.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/29

ページ上部へ