ホーム>鍵・ガラスメンテナンスレポート>浜松支店>故障金庫の解錠
浜松支店

故障金庫の解錠

今日は浜北区の某モバイルショップからの依頼で、金庫解錠に向かうことになりました。

現場に到着し金庫を確認したところ、外国製の家庭用金庫で、ダイヤル錠が動かなくなっていました。

シリンダー錠をいじったり、金庫を倒してみたりしましたが、ダイヤル錠はピクリともしてくれません。

しかたがないので、店長さんに許可をとり、バールで金庫を壊すことにしました。

小さなバールで、金庫の蓋の隙間をひろげようと差し込んでみるとなんと・・・パコンッという音とともにすぐに開いてしまいました。

恐る恐る金庫をみてみると、内部の部品のほとんどが樹脂でできており、ダイヤル錠の部品まで樹脂で作られていました。(金属製の物がほとんど)

結局、ダイヤル錠が動かなかった理由は、樹脂でできた部品が磨耗により変形してしまっていたからでした。

新しい金庫は、本部経由で購入するとのことで今回の作業は終了です。

  • 料金表はこちら
  • お問い合わせフォームはこちら
  • トラックバック(0)

    トラックバックURL: http://www.akl-t.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/25

    ページ上部へ